心理学科の
充実した
カリキュラムを、さらに深める能動的な学び

掲載日 2020/10/23
No.42
教育人間科学部
心理学科3年
〈2020年度 学業成績優秀者表彰
最優秀賞受賞〉
牛久保 広輝
埼玉県立浦和高等学校出身

OVERTURE

教育と心理の学びを融合し、“人間”を総合的に探究する教育人間科学部では、“人間”に深く関わり、理論的、実践的に広く学ぶことができます。
今回は教育人間科学部で学業成績最優秀賞を受賞した牛久保さんを紹介します。

座学だけではない実践的な講義で見聞を広げる

私は認知心理学が専門の薬師神玲子先生のゼミナール(ゼミ)に所属しており、心理学・言語学を中心にさまざまなことを学んでいます。現在は『言語と人間の心との関わり』を卒業論文のテーマに取り上げ、研究を進めています。

これまで受けた講義の中で、特に印象深かったのは『心理学実験』、『心理学研究法』と『哲学文献講読演習』です。『心理学実験』や『心理学研究法』は、心理学分野で用いられることの多い実験や調査について、実際の作業体験をしながら学ぶものです。1~2週間ごとにレポートを提出するため、論理的思考力や論文の書き方が身に付きましたし、3年次以降の研究の構想を立てる上で、非常に良い経験になったと思っています。また『哲学文献講読演習』では、文献を精読して先生や他の受講生とともに議論を深めていきます。少人数の講義なので、じっくり対話を深めることができ、座学や実験などの体験学習とは異なる感覚や知見を得ることができました。おかげで、物事の見方が広がったように感じています。

恵まれた環境に満足せず、自分なりの学びを
積み重ねたい

人の心にアプローチした〝深く広い学び〟に期待して青山学院大学に入学しました。期待した理由は、公認心理師の受験資格に対応したカリキュラムが充実していること。それは、しっかりとした学びが提供されるという意味だと判断しました。入学してその期待は裏切られませんでしたし、心理学科には思考の柔軟な学生が多く、特にグループワークやゼミなどでは自分にはない視点に気付かされるので、刺激になっています。
そのような恵まれた環境の中でも、分からないことがあれば、放置せず、その都度理解するように努力しました。学習内容の理解が行き詰まったときは、シラバスを照らし合わせてそれが全体のどこに位置するのか、また他の内容とどのようにつながっているのかを把握するように努めています。
さらに講義や課題にとどまらず、学習内容をなるべく自分の実体験と結び付けてみることで、新しい発見や疑問を見つけるよう意識もしています。そして、一見すると役に立たないと思われることも切り捨ててしまわずに、何事も「どう役に立てようか」と考えてみることも大事です。こうした心がけで、能動的な学びができているのではないかと思っています。

学生主体でつくり上げる
青山学院大学新聞を多くの人に届けたい

課外活動としては、新聞の企画や取材・発行に至るまで、私たち学生が主体的に行う新聞編集委員会に所属しています。学内のトピックスやテーマを中心に取り上げているのですが、学園祭の時期には芸能人の方のインタビューを行ったり、箱根駅伝で総合優勝を飾った陸上競技部(長距離ブロック)を記事にしたり、楽しいと感じられる取材が多いです。例えば2020年1月に発行した第340号の新聞で、私は2019年末に取材を行い、青山キャンパスの間島記念館で開催された特別展示「相模原キャンパスの15年」に関する記事を担当しています。
新聞は学内外に配布されるので、読み手は学生だけにとどまりません。ですから読み手の多様性を想定しながら、まず読みやすさを、そして事実を適切に伝えることを重視して情報を届けるように心がけています。この意識が、学業面でアカデミックな文章を書く際に役立っていますし、研究テーマのヒントにもなっていると思っています。

能動的な学びが評価されたことが嬉しい最優秀賞受賞

学業成績優秀者表彰において、2019年度は優秀賞を、2020年度は最優秀賞を受賞しました。テストにもレポートにも十分対応できるように、学期末の1カ月前には、学習内容の全体的な振り返りなどを少しずつやっていますし、隙間の時間にも気になった事項を調べるようにしてきました。その努力が報われたことは、大きな喜びでした。地道に勉学に取り組める環境を作ってくれた教職員の方々や家族、友人たちに感謝したいです。
今回いただいた最優秀賞は一つの通過点ですが、学内外での学びを深めて人生を豊かにしていきたいと思うきっかけになりました。自身の学習に対する積極性を、今後も多くの場面で生かしていけるように頑張ります。

卒業後は、心理学科の学修で養った思考力やコミュニケーションスキル、知識を堅固な土台として、どのような場面でも強くしなやかに乗り越えていける社会人になりたいです。そして、自分を大切にしつつも相手をも大切にし、世界のどこかを支えられる人材になれれば嬉しいです。

在籍している学部

教育人間科学部

人の成長や発達、形成を支える“教育”の面から人間を理解しようとする教育学。心と、その反映である行動のメカニズムを“心理”の面から探究し、人間理解にいたろうとする心理学。青山学院大学の教育人間科学部は、ともに“人間”に深く関わり、理論的、実践的に学び深める隣接2分野を総合的に学べる新しい学部です。

VIEW DETAIL

バックナンバー

学部選択

分野選択